クリニックニュース

2014.11.01更新

朝晩の気温差が激しく体調管理の難しい時期です。
日毎に秋風がひんやりして冬の到来を感じさせる時期になりました。
秋の花粉症もピークを過ぎつつありますが、花粉症のような症状の方々に加え風邪の患者さんが増えてきておりますのでお気を付け下さい。

 

今月は逆流性食道炎の話です。最近ではテレビや新聞などで目にする機会も多くなりました。文字とおり胃酸が食道に逆流して胸やけや胃痛などの症状を引き起こす病気です。最近では食生活の欧米化や高齢化に伴い、日本でも患者さんが増えています。


●脂っこい食事が好きな方
●ストレスの多い生活の方
●肥満、高齢者など腰の曲がっている方などに認められます。

 

原因は通常閉じている食道下部の括約筋が加齢や食生活等の要因で締りが悪くなるため胃酸の食道への逆流が生じ起こってしまいます。診断は問診、内視鏡検査等で行い投薬にて軽快する場合が多いです。  日常生活の注意点は上記の様な生活習慣を改善するとともに、

 

●食べた後にすぐ横にならない
●早食い・食べすぎを避ける
●腹八分目を心がける
●普段から背筋を伸ばし、前かがみにならない
●お酒・タバコは控えましょう
●就寝中はお腹から頭にかけて高くする
●ベルトや下着で締め付けすぎない
●適度な運動を心がけるなどの注意が必要です。

投稿者: 広尾タワークリニック

最近のブログ記事

entryの検索

月別ブログ記事一覧

カテゴリ

広尾タワークリニック 内科・消化器科・肝臓内科・乳腺、甲状腺外科 TEL:03-3498-6662 お問い合わせはこちら
広尾タワークリニック 内科・消化器科・肝臓内科・乳腺、甲状腺外科 TEL:03-3498-6662 お問い合わせはこちら