睡眠時無呼吸症候群

快適な睡眠で、日中の眠気と病気のリスクを抑える。

睡眠時無呼吸症候群とは

睡眠中に鼻や喉の気道が塞がり、呼吸ができなくなる病気のことを、睡眠時無呼吸症候群(SAS)と言います。
鼻や喉や顎の形が原因となっていることが多く、中には呼吸中枢が正常に働いていない方もいらっしゃいます。
日本人の2%から4%くらいの方が睡眠時無呼吸症候群になっていると言われており、放置しておくと高血圧、糖尿病、脳卒中、心臓病といった疾患のリスクを高めることがわかっています。
以下に当てはまる方は、早めに検査を受けるようにしましょう。

こんなお悩みありませんか?

  • いびきが大きいと指摘される
  • 朝起きると頭痛がする
  • 夜中に何度も目が覚める
  • 日中、異常なほどの眠気におそわれる
  • 睡眠時間をしっかりと確保しても、すっきりしない

睡眠時無呼吸症候群の検査

睡眠時無呼吸症候群の疑いがある方は、まずは診察を受けにいらしてください。その際、いびき、昼間の眠気、その他睡眠に関するいくつかのご質問をさせていただきます。
そして後日、検査装置が送られてきますので、鼻と手の指に検査装置を取り付けて、いつもと同じように睡眠を取っていただきます。その結果を元に、睡眠時無呼吸症候群の診断を行います。

※検査結果によっては、専門の施設での入院検査が必要になることもあります。

睡眠時無呼吸症候群の治療

睡眠時無呼吸症候群は原因と症状に応じていくつかの治療方法がありますが、多くの場合、CPAPと呼ばれる装置を使って治療を行います。これは、体内に空気を送り込む装置で、睡眠中に気道が塞がれても、機械が圧力をかけて空気を流します。

また、喉の気道を確保するためのマウスピース(就寝時のみ装着)や、気道が塞がれている箇所の形を治す外科手術などの治療を行うこともあります。

睡眠時無呼吸症候群をそのままにしておくと、呼吸が停止して死亡することはほとんどありませんが、他の病気を引き起こすことで命に関わることはあります。また、車や機械を運転中に気を失うように眠ってしまい、思わぬ事故に繋がることもあります。少しでもその可能性がある方は、まずは一度検査を受けておくのがお勧めです。

広尾タワークリニック 内科・消化器科・肝臓内科・乳腺、甲状腺外科 TEL:03-3498-6662 お問い合わせはこちら
広尾タワークリニック 内科・消化器科・肝臓内科・乳腺、甲状腺外科 TEL:03-3498-6662 お問い合わせはこちら