アルコール性肝障害のよくあるご質問

Q

 アルコール性肝障害とはどんな病気ですか?

A

アルコール性肝障害とは文字通りアルコール(お酒)の飲みすぎによって肝臓に負担がかかり、肝細胞に中性脂肪が蓄積することによって風船状に肥大化し肝機能が障害されてしまう病気の事です。初期には肝臓全体が腫れてアルコール性脂肪肝の状態になります。このときの症状が腹部膨満感や倦怠感、食欲不振などのため胃の病気や風邪と間違われてしまうことが良くあります。
更に飲み続けてしまいますとアルコール性肝線維症→アルコール性肝硬変へと病状が進行し、黄疸や倦怠感、腹部膨満感や腹水などの症状が出てきます。

Q

どうしてなるのですか?

A

肝臓は薬物や老廃物の解毒・排泄を行っています。更にアルコールの解毒・分解の仕事が加わり、それが長い期間続くと起こってしまいます。一般的に目安として日本酒換算で毎日3合を5年以上飲み続けると脂肪肝に、5合10年以上で肝硬変になる可能性が高いと言われています。また女性ホルモンの関係で男性より女性の方が少量・短期間で肝障害を起こし易いので注意が必要です。

Q

アルコールの換算方法を教えてください。

A

よく日本酒換算と言う表現が用いられますが、アルコールの濃度をグラム換算で表現したものです。日本酒1合=ビール大瓶1本=ウィスキーダブル一杯に相当します。

Q

どの様な生活習慣を心がけたらよいですか?

A

原因はアルコールの多飲にあるわけですので予防は「節酒」または「禁酒」が必要です。節酒か禁酒かの判断は患者さんの生活習慣や採血結果、肝臓の状態で総合的に判断します。その他の注意事項として・・・
● 良質なタンパク質の摂取。
● ビタミン・ミネラルの摂取。
● 適正カロリー(標準体重(Kg)x40キロカロリー/日)を心がける。
● 規則正しい食生活、就寝2時間以内の食事を控える。

Q

二日酔いはどうして起こるのですか?

A

摂取したアルコールが最終段階の水と二酸化炭素に分解されるまでに大きく二段階の過程を経由します。アルコール→(1)→アセトアルデヒド→(2)→酢酸→水+二酸化炭素の経路の中で(1)の分解に必要な酵素がアルコール脱水素酵素(ADH)と言い、(2) の分解に必要な酵素がアセトアルデヒド脱水素酵素(ALDH)と言います。二日酔いの原因はアセトアルデヒドが体内に存在することによって頭痛や吐気などの症状が起きます。つまり、(2)のALDHが少ない方や遺伝的に欠損している方はお酒を飲むと二日酔いを認めてしまいます。

Q

お酒に強くなることって出来ますか?

A

飲めばどんどん強くなると思われていたのは昔の話で、現在は遺伝子学的な研究が進み、少しずつ明らかにされてきたことがあります。上述のALDHには遺伝子多形が存在します。ALDH2*1とALDH2*2と言います。前者の2*1は働き者、後者の2*2は働きの弱いタイプと思ってください。遺伝子な訳ですので当然父方と母方から半分ずつ受け継ぎます。
ALDH2*1を○、ALDH2*2を△とします。組み合わせは○○、○△、△△になります。

● ○○は働き者の遺伝子同士なので早く分解できるため飲める方になります。
● ○△は飲めなくは無いのですが能力は劣るため酔いやすい方です。
● △△はアセトアルデヒドが分解できませんので飲んだら飲んだだけ気持ち悪くなってしまいます。いわゆる「下戸」の方ですね。このタイプの方はいくら鍛えても飲める様になるどころか、かえって肝機能障害を起こしてしまいます。

Q

肝臓以外に弊害はあるのですか?

A

飲酒によって障害されるのは肝臓だけではありません。深酒した翌朝口渇感で目がさめた経験をお持ちの方もいらっしゃると思います。アルコール摂取により、脳と全身が脱水の為に頭痛や口渇感が起こるのです。慢性的に大量の飲酒をする方は脳の萎縮を起こす可能性が高くなります。この萎縮は脳の主に前頭葉でよく見られます。前頭葉とは意志や判断を司る場所のため、アルコール依存症の患者さんには意志が弱く根気が無く、判断力に欠けている方が多く見受けられます。更に進行し、記憶に関わる脳幹部に障害が及びますとコルサコフ症候群と言う特殊なボケ症状が起こります。ただし、この脳の萎縮は禁酒によって回復しますので早い時期の禁酒が必要になります。当然、回復は若い年齢の方に多く、女性の方が回復する事が多い事が分かってきました。
また飲酒により膵炎を併発しやすくなったり、アルコールの分解にビタミンB群が消費されるために欠乏による末梢神経炎が起こることもあります。
当クリニックではビタミンB群を始め、ニコチン酸、パントテン酸、ビタミンCを含んだ注射をビタミン注射としてご利用頂けますのでお気軽にご相談ください。

Q

肝機能障害を指摘された時に行われる精密検査とは?

A

健康診断で検査します肝機能検査項目は多くの場合、AST、ALT、rGTPの3項目です。
それらの項目や他の健診項目で肝機能障害を指摘された場合、先ずは未実施の項目の検査を行い加えて超音波やCT検査などの画像検査を検討します。

Q

健康診断で「肝機能に異常がある」と言われたら何科に受診すれば良いか?

A

先ずは内科にご相談下さい。HP等で内科の専門が確認出来るのでしたら「肝臓専門医」の内科医が良いでしょう。

Q

健康診断で「肝血管腫」と言われたらどうすれば良いか?

A

肝血管腫は良性の腫瘍で基本的には経過観察で良い事が多いですが稀に肝臓癌との鑑別が難しい場合がありますので検診結果をご持参の上、肝臓専門医を受診して下さい。

Q

脂肪肝と言われました。定期的な検査は必要ですか?

A

脂肪肝の原因の多くは「過栄養性」の場合が多く食事(飲酒を含め)や運動などの生活習慣の改善が必要な事が多いです。最近は「非アルコール性脂肪性肝障害」と言う病態の脂肪肝が多く、肝臓の病態が進展する事が明らかになってきました。生活習慣のアドバイスを含め定期的な通院で経過を確認し必要に応じた治療を選択して行く事をお勧めします。

Q

肝嚢胞と言われた場合

A

肝嚢胞も肝血管腫と同様、良性の疾患で基本的には治療は必要なく経過観察で良いのですが稀にサイズが大きくて肝機能障害を認める場合があります。その場合は外科的な処置が必要になる事もあります。

Q

肝硬変とは?

A

肝臓は昔から「沈黙の臓器」と言われ、病状が進行するまで中々症状が出ず、症状を認めた時には病状が進行していることが多い事がありました。そのため肝硬変は従来、肝病態の末期初見と言われて来ましたが最近では決してその様な悲観的な状況ばかりではなく肝硬変の原因にもよりますが治療が進んできました。飲酒による肝硬変の場合は禁酒が大原則です。加えて食事での栄養管理が必要になります。ウィルス性の肝硬変の場合、ウィルスを排除する治療が必要となりますが肝臓の予備能力を確認し治療方針を決めていきます。

広尾タワークリニック 内科・消化器科・肝臓内科・乳腺、甲状腺外科 TEL:03-3498-6662 お問い合わせはこちら
広尾タワークリニック 内科・消化器科・肝臓内科・乳腺、甲状腺外科 TEL:03-3498-6662 お問い合わせはこちら